映画「ジョーカー」 を一言で言えば

「現実問題を反映している!」という感じの映画が好きな人にはオススメ。一緒に観に行く人をかなり選ぶ映画

映画「ジョーカー」予告編

映画「ジョーカー」概要、キャスト

ジョーカー』(原題:Joker)は、2019年アメリカ合衆国スリラー映画。 監督はトッド・フィリップス、出演はホアキン・フェニックスロバート・デ・ニーロら。

キャストは
アーサー・フレック / ジョーカー(ホアキン・フェニックス)
マレー・フランクリン(ロバート・デ・ニーロ)
ソフィー・デュモンド(ザジー・ビーツ)
アーサーと同じアパートに住むシングルマザーの女性。
ペニー・フレック(フランセス・コンロイ)
トーマス・ウェイン(英語版)(ブレット・カレン)
ギャリティ刑事(ビル・キャンプ)
ほか

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

映画「ジョーカー」ネタバレ、あらすじ

社会から迫害されるアーサー(ジョーカー)

  • ピエロとして、閉店セールのプロモーションを手伝うために、看板を掲げる派遣ピエロアーサー。
  • 不良少年のグループがアーサーの看板を奪い、アーサーは追いかける
  • 裏路地で追いつくと、不良はアーサーを暴行
  • 舞台は代わり、福祉サービスの面談室。
  • アーサーは、コメディアンになりたい旨を告げ、書いてきたネタ帳をカウンセラーに見せます。
  • 帰り道のバスの中、前に座っている黒人の親子。子供が振り返ってアーサを見る。アーサーは変顔であやす
  • 親は「構わないでほしい」と冷たい態度
  • アーサーは突然笑い出す。訝しんだ親子。バスの雰囲気も不気味に
  • アーサーは「神経の病気で、突然笑います、これは病気です」と書いた紙を渡す
  • 自宅マンションで、親子とエレーベータに乗り、母親はアーサーに自分の頭を撃ち抜く動作をみせます(特に意味はありません)
  • 家に帰り、母親とTVを楽しむアーサー。TVには大富豪ウェインが写っています
  • 母は「生活の助けを手紙でウェインに求めた、30年前に家政婦として働いていたから助けてくれるはず」とアーサーに告げる
  • その後、アーサーの大好きなコメディアン、マレーのコメディーショーを2人で楽しむ

転落するアーサー

  • 派遣事務所を訪れたアーサー。同僚から「護身用の拳銃」を渡される
  • 社長に、閉店セールの仕事がうまく行かなかったことをなじられる
  • 福祉サービスの面談に訪れるアーサー。そこで「市の予算の都合で、福祉サービスが閉鎖させられる」ときく
  • 夜、勉強のために、スタンダップコメディーショーにいくアーサー。笑いのツボが違い、皆が静かなところで笑うアーサー
  • 小児館に派遣されるアーサー。上手くいったが、足元から拳銃が落ちてしまう
  • これがきっかけでアーサーは首になる

衝撃的な事故と転機

  • アーサーはピエロメイクのまま地下鉄に乗る
  • スーツを着た酔っぱらい3人が女性に絡む
  • アーサーは笑いが病気で笑いがこみ上げる、その隙に女性は別車両へ
  • 酔っ払いは、アーサーに絡み暴行を加えるが、アーサは護身用の拳銃で3人を殺害
  • 翌日、母とコメディをみていると、ウェイン社のエリートサラリーマンが地下鉄で殺害されたニュース
  • エレベータで、以前あった親子の母(ソフィー)と会ったアーサーは、自分が出演するショーに来るように誘う
  • ショーでのアーサーはあまりウケていなかったが、ソフィーは、笑い、二人の距離は縮まる
  • 蹴り道、屋台で売っている新聞に「地下鉄殺人」のニュースがあり、ソフィーは「どうおもう?」とアーサーに話す。アーサーは「さあね」と答える
  • 自宅に帰ると、母はウェインに手紙を渡す。その手紙を盗み見たアーサーは、母いわく「自分はウェインの息子」であることを知る。
  • 家を飛び出したアーサー。ウェインの家にいくが、当然ながら門前払いを食らう
  • 帰宅するアーサー。母が倒れる。
  • 病室に警察が地下鉄事件の件で訪れ、派遣会社の同僚が「拳銃をアーサーに奪われた」と証言していることを知る
  • TVでマレーのショーをみるアーサー。
  • マレーは、アーサーのスタンダップコメディアショーを紹介し、こきおろす

ジョーカーの誕生

  • ウェイン社のパーティーに忍び込むアーサー。その前ではピエロの面をかぶったデモが行われていた
  • 地下鉄殺人ピエロは、弱者の牙の象徴になっていました
  • ウェインとトイレで会ったアーサーは自分が息子であること話す
  • ウェインは「あのイカれた母の息子か、あいつは首にしたんだ」と告げ、しつこく迫るアーサーを殴って、パーティーに戻る
  • アーサーはマンションに戻りソフィーの部屋に入るが「娘がいるから立ち去ってほしい」と拒絶される
  • ソフィーとの親密な仲はすべてアーサーの妄想であった
  • アーサーは精神病院を訪れ、母親のカルテを盗む
  • 自分は養子であり、虐待されていたことを知る。そして、母は、笑っていたから虐待を続けていたという証言をみる(つまり、「笑う精神疾患」は母親のせいだった
  • アーサーは母親を絞殺
  • 家についたアーサーはマレーのコメディーショーへの出演オファーを受ける
  • アーサーはコメディーショーで、マレーを銃殺するシミュレーションをする
  • 当日、ピエルのメイクをしていたアーサーに、「拳銃を奪われた」と嘘をついた同僚が尋ねる。
  • アーサーは同僚を刺殺し、コメディーショーにいく
  • 途中で警官に追いかけられるが、ピエロのデモ軍団に紛れて逃走
  • アーサーはコメディーショーでジョークを言うが、ブラックジョークだったので、マレーに咎められる
  • アーサは生放送で地下鉄殺人の犯人であることをつげ、マレーを銃殺
  • 連呼されるアーサーだが、暴徒に助けられ、パトカーの上でダンスを踊る
  • 一方、ウェインは、ピエロの暴徒に銃殺される
  • 精神病院にはいったアーサー、笑い出したアーサーに「どうしたの」とカウンセラーは問うが、「ちょっとジョークを思いついて」「理解できないと思うが」と言う
  • 廊下を歩くアーサー、血で足音がつく。職員に追いかけられるアーサー

映画「ジョーカー」へのツッコミレビュー

映画「ジョーカー」へのツッコミ:内容が暗くて、話自体には大きな抑揚がなかったかも

うーん、話に抑揚がなくて、ひたすらに暗い・・・・

ストーリ自体は、たしかにあまりどんでん返しも、アクション性もなかったね。

家で観るのは結構辛いかも

ローマ皇帝演じる、ホアキン・フェニックスが最後にラッセル・クロウにやられちゃうのだけはスキッとしたね

それ、グラディエーターな

アーサー>ヨーロッパの英雄>グラディエーターだ!

無理やりすぎやろ

映画「ジョーカー」へのツッコミ: アーサーことホアキン・フェニックスの体の作リ込みがすごい

まじですごいよあれ。痩せっぽちだけど、筋肉が全然ない。

まさしくあの生活をしている人間って感じでした。

デブのお前が痩せたらああなるなって思って観てたわ

映画「ジョーカー」へのツッコミ: 修羅の街ゴッサム

僕はゴッサムシティー住みたくないです。

治安悪すぎ、民度低すぎです。

博○かココは。

映画だからさ、、、でも、昔のデトロイトはこうだったとかいうじゃない。

それにしてもひどすぎだろ。

公共福祉の概念がないのかよこの街は!

映画「ジョーカー」へのツッコミ: 一緒に観る人を選ぶ映画

辛辣やん

作品そのものよりも「この作品は現代社会に潜んでいる問題点を切り取っている」とかドヤ顔で解説する男と、デートで観に行ったら「この男は全然映画みてねーな」って見限っていいと思う

貴様の歪んだ男性論を展開するな

ヒットしている理由はそれでしょう?

そうなんだけど

持たざるものの刃

下層には守るものを与えないと牙をむく(フランス革命の構造)

分断する階層

的な意見は、結構インターネットで披露尽くされちゃってるから、終わった後に、大した会話が盛り上がらんよね。。。。

ツッコミどころがあまりなくて

ツッコミながら観る鑑賞スタイル自体に問題があるのでは。

私はエンターティメントとしての映画を単独を楽しみたいの。

笑いたいし、悲しみたいし、アクションにびっくりしたい。

社会問題を捉えたければドキュメンタリーみればいい。

バカバカしい話でいいのですよ映画は。

つか、単純に明るい映画が観たかったっていっとけ

お前は最終絶叫計画でもみてろや!

映画「ジョーカー」はいくらなら劇場で観る?>>800円

おすすめの記事